​Comparison

矯正の種類

インビザライン

Aligner_image3.jpg

​ワイヤー矯正

tooth model with metal wire dental braces isolated on white background..jpg

​目立ちにくさ

​◎

透明なマウスピースのため目立たない。

×

歯の表面に金属を装着するので目立つ。

​治療方法

透明なマウスピースを1日20時間以上装着し、少しずつ歯を動かしていく。(食事と歯磨きの時は取り外す)

歯に金属やセラミックの留め具(ブラケット)とワイヤーを装着し、1か月に1回程度ワイヤーを締めて歯を動かす。

​取り外しの可不否

​◎

可能

不可能

×

治療時の痛み

ブラケットを使用しないため、痛みが生じることがほとんど無い。

装着時に金属装置特有の不快感があり、ワイヤーを締めることで痛みが出ることもある。

​金属アレルギー

​◎

装置に金属を使用しないため、

アレルギー反応が出る心配がない。

×

装置に金属を使用しているため、

アレルギー反応が出る可能性がある。

ケアのしやすさ

​◎

食事や歯磨きの時に装置を外すことができる。

隅々までの歯磨きが困難となるため定期的に専門のクリーニングやむし歯のチェックを受ける必要がある。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の比較

​治療の流れ

Flow

step

01

​カウンセリング

まずは、患者様のお口の悩みをお聞かせ下さい。

初診時にレントゲン検査や口腔内の撮影を通して、お口の状態を把握させていただきます。出っ歯や受け口、八重歯、すきっ歯、嚙み合わせ等でお悩みの方は、一度ご相談下さい。

カウンセリング

step

02

精密検査・3Dシミュレーション

3DスキャナーiTero(アイテロ)を用いて歯型を正確に採取します。その場で治療のシミュレーションをし、矯正終了後の歯並びのイメージを確認していただくことが出来ます。おおよその治療期間、治療費についてご説明させていただき、ご納得いただけましたら治療の開始となります。

Nakajima dental20210915_0181.jpg

step

03

マウスピース完成/治療スタート

治療計画決定後、アラインテクノロジー社にアライナー(マウスピース)の製造を依頼します。1日20時間以上(食事時以外)装着していただくことで、少しずつ歯並びを整えていきます。およそ10日~2週間のペースで新しいマウスピースに交換します。

Starter_kit4.jpg

step

04

​定期チェック

1週間〜1ヶ月に一度、定期的に来院していただきます。

​治療計画通りに進んでいるかを確認し、必要に応じて歯やマウスピースの調整を行います。

Woman talk to dentist in dental clinic _edited.jpg

step

05

​治療完了

全てのマウスピースを使い切り、歯並び、噛み合わせが整いましたら治療完了です。矯正治療終了後は後戻りしやすい為、防止するために「リテーナー」と呼ばれる保定装置をお使いいただく必要がございます。

インビザラインの特徴.png